筋を違える

ある東京の有名な先生が若いころ、師匠に

どうして体に痛みが出るんですか?

と質問したらしい

答えは「筋を違えている!」という答えだったようです

筋を違える?って

なんだろう?と

ずっと心に引っかかってましたが

最近、わかってきたような気がします

いろんな施術はありますが

人の体の仕組みに変わりはない!

どうも人の体は使いすぎ、姿勢の悪さなど

使い方を間違えると

おかしな動きが身についてしまうこともあるし

ちょっとしたつまずきで痛めることもある

ちょっとしたことで正しい位置から

違う位置にずれてしまう

それが筋を違えるのではないかな?

と考えています

世の中は筋を違える作業が多すぎるし

ちょっとしたことで痛める場合もある

痛めた時はなんとか元に戻すしかないですね!

使いすぎと使わなさすぎ

整体をしていると

右と左で左右差を感じます

使い過ぎている方は

使い過ぎで痛めますが

使わない方は 使わなすぎて

痛めます

ある方が四十肩で来られました

右腕は使いすぎで腕が上がらないのに

左腕は使わなすぎで腕があがりません

使い過ぎもダメ

使わなすぎもダメ

ちょうどいいくらいが

やはり良さそうですね!

抜けた!

最近、寒いなと感じる季節になりました

こんな時期はどうしても

人は小さく丸まって生活するものです

そして寒くなればなるほど

丸まって首、背中、腰が引き伸ばされ

少しづつ硬くなり、痛くなります

私も同じです

そこでこの症状を無くすには どうしたものか

と研究してみたところ

ある有名な先生がある技で

患者さんの 痛みを直しているようでした

そしてその技を使うと

必ず患者さんは 絶対に「抜けた!」

と言うらしいんです

そこで腰痛の患者さんに

その技を使ってみました

どうも効いているようで

「オ〜!オ〜!オ〜ッ!」の連発でばかりで

まったく「抜けた〜!」って言いません

なんだ言わないじゃないか

と思っていたら

その患者さんは店から出て行く時に

「フ〜、抜けた〜!」って言いながら

店を出て行ったので

やっと言ったかと おもわず笑ってしまいました

まあ、とにかく楽になってもらって

めでたし!めでたし!

変化!

 最近、少し寒くなってきたので 

冬物を出そうかとクローゼットを探していると

以前購入した高額な枕が出てきました。

久しぶりになんとなく試しに

使ってみようかなと試してみると

悪夢のような経験をしました。

夜中に1時間おきに起きてしまい

しかも朝には肩こりになり

頭痛になりました。

翌日も疲れていたので

枕を変えるのを忘れて

その枕で寝てしまいました。

そしてまた、悪夢のような夜を過ごし、

朝には頭痛がなりました

結局、以前のマクラに

戻すと朝まで熟睡できました。

ちょっとした変化でも

人の体には影響するようです。

枕は寝返りのしやすいほうがよさそうです。

不調を抱えている方は

少し見直してみてはいかがでしょうか!

悪いことをやめる!

 からだを痛めている時

必ずからだに悪いことをしている可能性があります。

悪いことには良かれと思ってやっていることも

無意識でやってしまっていることもあります。

もしかしたら、健康の為に購入したものが悪かったり、

ただ、寝転んでテレビを見ているだけでも痛めます。

なかなか自分では気づけないことばかりです。

また、仕事に関しては

からだに悪いことをやめにくい場合もあります。

デスクワーク、機械の操作、検査業務、立ち仕事等、

たくさんあるでしょう。

私も仕事で体を痛めてきました。

そんな方に少しでも体のことについて

アドバイスができればと考えています。