背中のお肉を取るにはどうするの?

背中のお肉って取れにくいですよね

私も正直、背中のお肉を落とすのに

苦労しましたが

やっと効果がある方法が

見つかった気がします

背中付近、特に肩甲骨、脇、首などには

体をヤセやすくする細胞が集中しています

この細胞を効率よく活性化させるためにも

私の考えたエクササイズが有効でしょう

この方法は実に簡単ですが

だれもやっていません

この方法を実施すると

背中の痛みも無くなりました

そして、自律神経にも

関係しているところなので

非常に効果的です

来院されている方には

丁寧にご指導させて頂いてます

ダイエット | からだ工房 ハスタ (hasta2019.com)

ホームページも見て下さい!

からだ工房 ハスタ (hasta2019.com)

インスタやってます!

https://www.instagram.com/hasta_nao/

ヤセるって、体重を落とすだけでいいのでしょうか?太りにくい体にする方法とは!/首コリ、肩コリ、背中コリ/ギックリ腰・腰痛・ひざ痛/自律神経

ヤセるって、どういうこと!

Yahooニュースなどで

最近、あるタレントさんが

【6kg痩せました】って言ってるけど

その実情を体重だけで評価されて

いるようだったら

問題では無いでしょうか?

健康診断でも

【体重を落としましょう】って

簡単に言ってるけど

それでいいのでしょうか?

本質はただ、体重を落とすのではなくて

健康でリバウンドしない体を作ることでしょう!

私は体を絞る時は筋肉を付けて

逆に一度体重を増やします

筋肉が付くと消費カロリーがあがり

自然に体重は落ちていきます

筋肉を付けずに体重を落とすと

リバウンドしやすいし

抵抗力もなく、病気にもなりやすくなります

今一度、体重を落とすということが

どういうことなのか?

冷静に考えてみて下さい!

当然、このコロナ禍では

よほどの太りすぎではない限り

安易なダイエットはお控えください!

少し、ポッチャリぐらいがいいかもよ!

ホームページも見て下さい!

からだ工房 ハスタ (hasta2019.com)

インスタやってます!

https://www.instagram.com/hasta_nao/

運動のやりすぎも問題です!・抵抗力に問題が起きます

最近、ある筋肉で有名なタレントさんが

コロナにかかった後に

インフルエンザにかかったようです

筋肉タレントとして

体を絞らなくてはいけないので

厳しい食事制限、体重制限を

されていたのではないでしょうか?

厳しい、食事制限や体重制限は

抵抗力が落ちると言われています

運動をしていれば間違いないという

安易な考えではなく

適度な運動量を考えましょう

そして、運動が終わったら

十分な栄養のある食事と

休息を取ることが基本です

とにかく、激しい運動を

しなければならない時は

栄養と休息を十分取って下さい!

コロナ | からだ工房 ハスタ (hasta2019.com)

ホームページも見て下さい!

からだ工房 ハスタ (hasta2019.com)

インスタやってます!

https://www.instagram.com/hasta_nao/

冬のダイエットは危険です!代わりにやるといいことありますよ!

冬のダイエットの危険性

これは私の経験です

以前、正月に太りすぎたかと思って

体重を落とそうとしました

体重を落としたことで大失敗です!

軽い肺炎になり

2か月以上咳が止まりませんでした

体力のない時にウィルスに感染すると

本当に風邪は直りません

だからこそ、冬に体重を

落とすことは危険です!

しかも、現在コロナ禍です

今は体重を落とすよりも

少しポッチャリくらいが

ちょうどいいはずです!

ワクチンや薬ができるまでは

過度なダイエットは

やめておいたほうがいいでしょう!

では、代わりに何をするのか?

私は筋トレをオススメします

なぜならば、現在太っているならば

体には栄養が十分あり

筋肉が付きやすい状況にあります

目先の体重を減らすことにこだわらず

太りにくい体にするため

筋肉を付けましょう

冬の間に筋肉を付けておけば

春先になると自然に体重が落ちてきます

それはカロリーを消費してくれる

筋肉が増えているからです

さらに筋肉は糖尿病など

病気も防いでくれる

メリットもあるようです

目先の体重の変化に惑わされず

後で太りにくい体を目指してください!

しかも、必要な筋肉が付くと

かえってスタイルも良くなりますよ!

筋トレが分からない場合は

来院して頂ければ、ご相談にも応じます

ダイエット | からだ工房 ハスタ (hasta2019.com)

ホームページも見て下さい!

https://hasta2019.com/

Youtubeもどうぞ!

https://www.youtube.com/channel/UCh21SNOYPIVTsy-zuVDiKAg?view_as=subscriber

コロナ後遺症と冬のダイエット

10年以上前、冬にひどいカゼを引きまして

あれはひどかった

二か月ぐらいせき込みが止まりませんでした

理由は冬にダイエットして、体力が低下したときに

風邪のウィルスにやられてしまいました

もちろん冬のダイエットはお勧めしませんし

かえって冬はぽっちゃりしているぐらいが

ちょうどいいでしょう

冬でなくても体力がないとコロナに付け込まれます

ウィルスも少量ならば免疫力も付くようですが

大量のウィルスを吸い込み重症になると

何か月も頭痛や倦怠感に悩まされるようです

誰かと話しをする時はマスクを

冬でも部屋の換気を

会食はマスク会食を当たり前にしたいものです

みんなで気を付けましょう!

背中を鍛えるってダイエットになるかもね?

最近、知り合いからぶら下がり健康機をもらいました

お客さんにも聞きましたがかなりの確率で

部屋の片隅においてあるか

服が掛けられていて何も使われてていないようです

自分も最近ではコロナのせいで

ジムにも行けず、家でトレーニングをしています

自分の体を観察してみると

年齢とともに脂肪が付いてきたのが

背中回り特に肩甲骨の間です 

まあ、皆さんも自覚していると思いますが

肩甲骨の間は脂肪が付きやすい場所かもしれません

ところがここにダイエットのための重要なものがあるようです

それは褐色脂肪細胞です

脂肪を燃やす機能を持つ「褐色脂肪細胞」

褐色脂肪細胞はエネルギーを燃焼させます

しかし、褐色脂肪細胞は年齢とともに減少し

30代で幼児期の50%、40代で30%程度まで減少するらしいです

減ることはあっても増やすことはできないため、

活性化させて脂肪燃焼を促すしかないようです。

また、決まった場所にしか褐色脂肪細胞はないようです

・首周辺・脊髄周辺・肩・肩甲骨周辺・脇の下

ここで気づきませんか?

今まで服がぶら下がっていた

ぶら下がり健康機が役に立ちます

まさに褐色脂肪細胞を活性化するために役立ちそうです

ぶら下がるだけでも多少は効果はあるでしょうが

椅子などを補助に使って懸垂(ケンスイ)してみるといいかもしれません。

正直、自分は椅子の補助なしでは懸垂できませんが

徐々に回数が増えてきました

もう少し続けてみて

また、ご報告しようと思ってます。