仕事中に筋トレ?

仕事中に筋トレ?と

言われるかもしれませんが

私は正直なところ

サラリーマンの頃

やってました

もちろん、業務はしっかりと

やりながらですけど

患者さんで私は筋力がなくて

と言われる方がいます

特にデスクワークの方は

やり方を考えれば

簡単にできます

私はデスクワークは長時間

同じ姿勢をしているので

あまり良くない仕事だとは

思っています

ただ、逆に考えると

それを利用する方法もあります

動かないことを利用して

おなか周辺のインナーマッスルを

鍛えることはできます

ただ、座るのではなく

おなか付近を絞めながら座ることで

トレーニングになり筋力も付きます

また、立ち仕事であったとしても

おなか付近の筋肉に力を入れて

立ちましょう!

さらに加えて

おなかに力を入れている姿勢は

非常にきれいに見えます

得することばかりです

これは運動する時間が無いという方にも

できるトレーニングです

必要なのは意識することだけです

私はできましたし

その時付けたインナーマッスルは

いまだに有効に使って

生活をしています

もちろん、デスクワーク以外のお仕事でも

できることはあるはずです

どうぞ、お試しください!

カテゴリー

背中が痛い | からだ工房 ハスタ (hasta2019.com)

ホームページも見て下さい!

からだ工房 ハスタ (hasta2019.com)

インスタやってます!

https://www.instagram.com/hasta_nao/

歩き方

ある方から

どうやって歩くのがいいんですか?

と聞かれた

私は基本的にお尻の穴を絞め

つま先を開き気味に歩いては

どうでしょうか?と言います

私はキムタク歩きと呼んでますが

そうです!あのキムタクの歩きかたです

もちろんこの歩き方は

比較的ゆっくり歩いている時だけで

スピードが上がると

足は平行になっていくはずなので

常につま先が開いてあるおわけでは

無いのでご了承ください

みんな、歩くことばかりを考えますが

歩く前にまず立ち方から考えましょう

  • お尻の穴を絞めます
  • かかとを付けます
  • つま先を開きます

まず、これが正しい立ち方だと

私は思っています

これで先ほどお話しした

キムタク歩きの準備ができますので

あとは、一歩ずつ気を付けて

歩いて下さい!

そして、もう一つ重要なのは

歩幅を大きくするために

足がみぞおちあたりから

生えているつもりで

歩いてください

そうすると推進力も上がり

歩幅も広くなり

スピードも出てくるはずです

あとは実際に歩いている人を

観察してみて下さい

歩幅が狭くペタペタと

歩いている方がほとんど

なことがわかるでしょう

そうならないように

鏡などの自分が移る姿を

見たりして確認してみて下さい

さあ、かっこよく歩いてみて下さいね!

カテゴリー

背中が痛い | からだ工房 ハスタ (hasta2019.com)

ホームページも見て下さい!

からだ工房 ハスタ (hasta2019.com)

インスタやってます!

https://www.instagram.com/hasta_nao/

背中のお肉を取るにはどうするの?

背中のお肉って取れにくいですよね

私も正直、背中のお肉を落とすのに

苦労しましたが

やっと効果がある方法が

見つかった気がします

背中付近、特に肩甲骨、脇、首などには

体をヤセやすくする細胞が集中しています

この細胞を効率よく活性化させるためにも

私の考えたエクササイズが有効でしょう

この方法は実に簡単ですが

だれもやっていません

この方法を実施すると

背中の痛みも無くなりました

そして、自律神経にも

関係しているところなので

非常に効果的です

来院されている方には

丁寧にご指導させて頂いてます

ダイエット | からだ工房 ハスタ (hasta2019.com)

ホームページも見て下さい!

からだ工房 ハスタ (hasta2019.com)

インスタやってます!

https://www.instagram.com/hasta_nao/

最近、思ってた何故?新谷仁美選手はあんなに記録が伸びたのか?

驚くほどの記録が!

新谷仁美選手!

確かトラック競技10000mで

2位以下を周回遅れにしたり

駅伝ではとんでもない区間新を

ただき出している

何がこの人のパフォーマンスを

変えたのだろう??

と興味がありました

やはり、気になっていると

情報は飛び込んでくるものです

あるテレビでの取材で

特集がありました

新谷選手は

一度、体を絞りすぎることで

メンタル崩壊して引退したようです

その後、一般企業に就職後に

再復帰したようです

普通はブランクがあれば

取り戻すには時間がかかるはずですが

こんな短期間に復活して

この驚異的な記録をたたき出しました

何を変えたのか?

具体的には、上半身の筋肉も適度に鍛え

それとともに全身の

筋力アップすることによって

足の蹴りが外側に

逃げていたのも直り

力が効率よく伝わるようになったようです

トレーニングを見ていると

主に体幹と

腕立て伏せなどで上半身も

鍛えているようでした

また、食事制限はあまりなく

しっかりと食事をし

体重は筋力アップと合わせて

増えたようです

確かに、もう一人

日本記録を書き替えている

田中希美選手も他の選手よりも

上半身がしっかりしているし

全身で走っているように見えます

いまだに体重が軽ければ

パフォーマンスが上がるという

考え方は見直す必要があるようです

アスリートでなくても

適切な筋力トレーニングは必要です!

自分の体を維持するためにも

安全に行うためにも

専門家に一度相談してみて下さい

トレーニング | からだ工房 ハスタ (hasta2019.com)

ホームページも見て下さい!

からだ工房 ハスタ (hasta2019.com)

インスタやってます!

https://www.instagram.com/hasta_nao/

ヤセるって、体重を落とすだけでいいのでしょうか?太りにくい体にする方法とは!/首コリ、肩コリ、背中コリ/ギックリ腰・腰痛・ひざ痛/自律神経

ヤセるって、どういうこと!

Yahooニュースなどで

最近、あるタレントさんが

【6kg痩せました】って言ってるけど

その実情を体重だけで評価されて

いるようだったら

問題では無いでしょうか?

健康診断でも

【体重を落としましょう】って

簡単に言ってるけど

それでいいのでしょうか?

本質はただ、体重を落とすのではなくて

健康でリバウンドしない体を作ることでしょう!

私は体を絞る時は筋肉を付けて

逆に一度体重を増やします

筋肉が付くと消費カロリーがあがり

自然に体重は落ちていきます

筋肉を付けずに体重を落とすと

リバウンドしやすいし

抵抗力もなく、病気にもなりやすくなります

今一度、体重を落とすということが

どういうことなのか?

冷静に考えてみて下さい!

当然、このコロナ禍では

よほどの太りすぎではない限り

安易なダイエットはお控えください!

少し、ポッチャリぐらいがいいかもよ!

ホームページも見て下さい!

からだ工房 ハスタ (hasta2019.com)

インスタやってます!

https://www.instagram.com/hasta_nao/

運動のやりすぎも問題です!・抵抗力に問題が起きます

最近、ある筋肉で有名なタレントさんが

コロナにかかった後に

インフルエンザにかかったようです

筋肉タレントとして

体を絞らなくてはいけないので

厳しい食事制限、体重制限を

されていたのではないでしょうか?

厳しい、食事制限や体重制限は

抵抗力が落ちると言われています

運動をしていれば間違いないという

安易な考えではなく

適度な運動量を考えましょう

そして、運動が終わったら

十分な栄養のある食事と

休息を取ることが基本です

とにかく、激しい運動を

しなければならない時は

栄養と休息を十分取って下さい!

コロナ | からだ工房 ハスタ (hasta2019.com)

ホームページも見て下さい!

からだ工房 ハスタ (hasta2019.com)

インスタやってます!

https://www.instagram.com/hasta_nao/

筋肉と呼吸と内臓

あるテレビ番組でボディビルダーが

筋肉が重くて呼吸がしずらいと

言ってました

一見、見た目は健康的に思えますが

彼らなりに苦労があるようです

こんな話も聞いたことがあります

腹筋でシックスパックというのを

聞いたことがあるでしょう

実はこれについては主に腹直筋という

おなかの前側の筋肉を鍛えるのですが

人間にとっては大きくならないほうがよいようです

腹直筋が発達することにより内臓圧迫が起きるようです

筋肉を付けるのは自由ですが

このように内臓に負担が起きる場合もあるようです

ご注意下さい!

座りすぎは筋力低下を招きます!

こんな座り方してる人見ませんか?

他人ではなく、よく考えると

自分がこんなだったりして

この姿勢、まったく筋肉が使われていないようです

こんな姿勢をしていると

どんどん筋力が低下していきます

人は放っておけば20代ぐらいから

筋力は低下していきます

筋力低下の怖さは転倒などのケガの危険

ばかりではありません

筋肉は病気とも関係しています

筋肉があれば血中の糖も上がることもありませんし

他にも筋肉を動かせることで血行も良くなります

私は二十歳ぐらいから筋トレを初めて

30年以上が経ちました

おそらく、同年代に比べて

楽に生活できているようです!

いくつになっても筋トレはできます

何か聞きたいことがあるときは

来院時にご質問下さい!

ゴルフと腰痛

毎月来院される腰痛の50代の方は

少しでも飛距離を伸ばしたいようです

ところが体は思ったようには動かなくなっているようです

少しでも飛距離を伸ばしたりするために

新しいゴルフクラブなどの道具に頼るより

自分の体を動くようにして

飛距離を伸ばすほうが確実かもしれません

そんな方は一度専門家のところで

チェックしてみてはどうでしょうか?

ヨガと整体

当院でもお客さんの中にヨガをやられている方がいます

ヨガをやられてる方はほとんど問題ない体をされていますが

ほんの数か所だけ悪いところがあります

Youtubeとかのヨガのインストラクターの方も

よく観察すると体の異常が見られます

ヨガで体を動かすのはすばらしい効果があると思いますが

その人によって自分では直せない癖が残ってしまう

それを直すのが整体かなって思う

今日、この頃です

決してヨガを否定するのではなく

ヨガで補いきれない手の届かない部分を

整体で補う

両方をやることでで体の調子が整うんじゃないか

と思ってます