運動のやりすぎも問題です!・抵抗力に問題が起きます

最近、ある筋肉で有名なタレントさんが

コロナにかかった後に

インフルエンザにかかったようです

筋肉タレントとして

体を絞らなくてはいけないので

厳しい食事制限、体重制限を

されていたのではないでしょうか?

厳しい、食事制限や体重制限は

抵抗力が落ちると言われています

運動をしていれば間違いないという

安易な考えではなく

適度な運動量を考えましょう

そして、運動が終わったら

十分な栄養のある食事と

休息を取ることが基本です

とにかく、激しい運動を

しなければならない時は

栄養と休息を十分取って下さい!

コロナ | からだ工房 ハスタ (hasta2019.com)

ホームページも見て下さい!

からだ工房 ハスタ (hasta2019.com)

インスタやってます!

https://www.instagram.com/hasta_nao/

筋肉と呼吸と内臓

あるテレビ番組でボディビルダーが

筋肉が重くて呼吸がしずらいと

言ってました

一見、見た目は健康的に思えますが

彼らなりに苦労があるようです

こんな話も聞いたことがあります

腹筋でシックスパックというのを

聞いたことがあるでしょう

実はこれについては主に腹直筋という

おなかの前側の筋肉を鍛えるのですが

人間にとっては大きくならないほうがよいようです

腹直筋が発達することにより内臓圧迫が起きるようです

筋肉を付けるのは自由ですが

このように内臓に負担が起きる場合もあるようです

ご注意下さい!

座りすぎは筋力低下を招きます!

こんな座り方してる人見ませんか?

他人ではなく、よく考えると

自分がこんなだったりして

この姿勢、まったく筋肉が使われていないようです

こんな姿勢をしていると

どんどん筋力が低下していきます

人は放っておけば20代ぐらいから

筋力は低下していきます

筋力低下の怖さは転倒などのケガの危険

ばかりではありません

筋肉は病気とも関係しています

筋肉があれば血中の糖も上がることもありませんし

他にも筋肉を動かせることで血行も良くなります

私は二十歳ぐらいから筋トレを初めて

30年以上が経ちました

おそらく、同年代に比べて

楽に生活できているようです!

いくつになっても筋トレはできます

何か聞きたいことがあるときは

来院時にご質問下さい!

ゴルフと腰痛

毎月来院される腰痛の50代の方は

少しでも飛距離を伸ばしたいようです

ところが体は思ったようには動かなくなっているようです

少しでも飛距離を伸ばしたりするために

新しいゴルフクラブなどの道具に頼るより

自分の体を動くようにして

飛距離を伸ばすほうが確実かもしれません

そんな方は一度専門家のところで

チェックしてみてはどうでしょうか?

ヨガと整体

当院でもお客さんの中にヨガをやられている方がいます

ヨガをやられてる方はほとんど問題ない体をされていますが

ほんの数か所だけ悪いところがあります

Youtubeとかのヨガのインストラクターの方も

よく観察すると体の異常が見られます

ヨガで体を動かすのはすばらしい効果があると思いますが

その人によって自分では直せない癖が残ってしまう

それを直すのが整体かなって思う

今日、この頃です

決してヨガを否定するのではなく

ヨガで補いきれない手の届かない部分を

整体で補う

両方をやることでで体の調子が整うんじゃないか

と思ってます

背中を鍛えるってダイエットになるかもね?

最近、知り合いからぶら下がり健康機をもらいました

お客さんにも聞きましたがかなりの確率で

部屋の片隅においてあるか

服が掛けられていて何も使われてていないようです

自分も最近ではコロナのせいで

ジムにも行けず、家でトレーニングをしています

自分の体を観察してみると

年齢とともに脂肪が付いてきたのが

背中回り特に肩甲骨の間です 

まあ、皆さんも自覚していると思いますが

肩甲骨の間は脂肪が付きやすい場所かもしれません

ところがここにダイエットのための重要なものがあるようです

それは褐色脂肪細胞です

脂肪を燃やす機能を持つ「褐色脂肪細胞」

褐色脂肪細胞はエネルギーを燃焼させます

しかし、褐色脂肪細胞は年齢とともに減少し

30代で幼児期の50%、40代で30%程度まで減少するらしいです

減ることはあっても増やすことはできないため、

活性化させて脂肪燃焼を促すしかないようです。

また、決まった場所にしか褐色脂肪細胞はないようです

・首周辺・脊髄周辺・肩・肩甲骨周辺・脇の下

ここで気づきませんか?

今まで服がぶら下がっていた

ぶら下がり健康機が役に立ちます

まさに褐色脂肪細胞を活性化するために役立ちそうです

ぶら下がるだけでも多少は効果はあるでしょうが

椅子などを補助に使って懸垂(ケンスイ)してみるといいかもしれません。

正直、自分は椅子の補助なしでは懸垂できませんが

徐々に回数が増えてきました

もう少し続けてみて

また、ご報告しようと思ってます。

散歩と山登りの違い

先日、用事を済ませ、掛川の事任八幡宮の奥社に参拝してきました。。

入口はここから272段と書いてありましたので

最近は歩いているので

これぐらいなら大丈夫だろと、軽く考えて登り始めました。

ところが、半分ぐらいで休まなきゃ登れない。

普段の運動不足を実感しながら、残りの半分を登り切り到着!

到着、直前でふくらはぎの筋肉がヒクヒクと限界を感じてました。

久しぶりの山登りはふくらはぎの筋肉をこんなに使うんだな

と思いながら下山してきました。

奥宮に行くと空気の違いを感じます。

一度、行ってみてください。

苦しくなりますから、マスクはしないほうがいいと思いますよ。

スクワット

筋トレは30年ほどやってきましたが

一番こだわってやってきたのは

下半身の筋力です

筋肉量の7割が下半身に あるとも言われています

そして鍛えないと下半身の筋肉は

上半身の筋肉より約3倍のスピードで失われていくようです

生まれて半世紀が経ちましたが

未だにスクワットは欠かせません

スクワットは筋トレの中でも

トレーニングの王様と言われるほど

いろんな部分に効果があり

正直なところ 慣れていない人にはキツイです

久しぶりにやるとしばらくは 筋肉痛が抜けません

まず慣れていない方は

何も重量をかけずにフォームに注意してみてください

徐々にできるようになるでしょう

それから、下半身を鍛え 筋肉量を増やすことで

認知症の予防になるようです

なるべく早くから貯筋することをおすすめします!

24hジム

ネットで24と入れるだけで

24時間ジムと出てきます

それほど、24時間ジムが流行ってきているようです

いつでも利用ができるのは 使えますね

経営的なカラクリは

インストラクターが常駐しないので

人件費を削れる!

そして、プールなどがない分

投資が少なめで ジム経営ができ

会費は6千円程度でリーズナブル とても良さそうです

ただ、テレビを見ていて思ったのは

怪我するよ!と思わず叫んでしまうほど

みんなフォームが無茶苦茶です

ケガをしても自己責任でしょうから

誰も細かい指導はないのでしょう

スクワットだけでも

やっちゃいけないこと がたくさんあります

目線

体を入れる位置

腰の角度 ひざの伸ばし方

足の開き方

細かいですが

注意する点がいくつかあります

正直なところ 間違えるとケガをします

よく知っている人に教えてもらうのが 理想ですが

いない場合は

YouTube等映像で研究してみるのもいいかもしれません!

筋力を鍛えるのは大切なことです!

フォームだけご注意ください!