首コリ、肩コリ、背中コリ/スマホ腱鞘炎(ドケルバン病)

1.手を写真のようにグッと握って → 2.手首を曲げて下さい

👇

赤い部分が痛いと問題があるようです

スマホ腱鞘炎なるものが増えてきているようです

痛める場所は親指の付け根です

スマホを盛んにスクロールする

若い方に増えているようです

弱い力が長時間、親指にかかり続けることで

発症が頻発しているようです

私も危ない傾向にあると思っている

若者、若年層へのスマホ依存

若さゆえ、疲れ知らずで長時間使ってしまいます

医者に行くと湿布や注射の治療

となりますが、使いすぎれば

また、元に戻ります

まずは、使わず休めることですが

対策としては

・アプリの時間制限を設定する

・スマホスタンドを使う

・手を変える

など注意しないとスマホ腱鞘炎だけではすみません

スマホで四十肩・五十肩

さらにスマホで首も動かなくなります

実際に苦しんだ方が来院されていますから

絶対に甘く考えず、ご注意ください!

首コリ、肩コリ、背中コリ/スマホ斜視

スマホ斜視って知ってますか?

このように長時間、ゲームなどでスマホを見続けると

目の筋肉が硬直してしまい元に戻らなくなるようです

こちらが実際に斜視になってしまった例です

このように斜視のチェック法もあります

まとめ

子供は夢中になると疲れ知らず

スマホを渡したとしても

必ず制限をして下さい

大人の管理も必要です!

甘く考えないほうがよさそうです!

同時に大人も使いすぎは手、腕、首

そして自律神経も狂います

ご来院頻発していますので

ご注意下さい!

首こり、肩こり、背中こり/肩こりの真の原因は何でしょう?

肩こりでやってはいけないこと!

首こり、肩こり、背中こりホントにしつこいですよね!

自分もたまにはなりますが

なかなか自分では抜けません

お客さんの話を聞くと一番の問題点は

筋肉を揉んでしまうことです

筋肉は揉まれると一時血流は良くなりますが

その後充血して以前より硬くなります

悪い方はその繰り返しです

真実は筋肉ではなく他にありそうです

苦痛の迷路にハマったら

専門家に相談してください

理由がわかるということ

昨日、お客さんに言われました

『理由が分かると気分がとても楽になりますね!』と

そうなんです!

【理由が分かると80%は直ったことになる】とよく聞きます

くよくよ悩まず、専門家に聞いてしまいましょう!

スマホ四十肩・五十肩

スマホ四十肩・五十肩

この言葉は世間ではまだ言われていませんので

わたしが名付け親かもしれません

私も四十肩になったことがあります

すごいです!肩からゴリゴリと音が鳴ります

さらにひどくなると痛くて寝られないかも

私に症状が現れたのはパソコンを

毎日8時間以上使用していたころでした

四十肩・五十肩は昔に比べると

パソコンのせいで増えているかもしれません

それに加えて最近気づいたのは

スマホ四十肩・五十肩です!

最近ではいつでもどこでも

ネット検索、ホームページも

スマホを使用して見る確率が増え

ホームページもスマホ用に作成したりしています

それだけみんながスマホを見ていると手がひねられ

それが肩に波及します

対策をしなければなりません

・スマホの時間を減らす

・どうしても必要ならば手を変える

肩を守るために変化を起こしてください!

スマホの弊害はストレートネックだけではないかも!?左側が・・・

スマホの弊害はストレートネックだけでは

ないかもしれません!

左首、左肩、左脇、左腕、左手と

このところ多いのが左側を痛めた人です

パソコン作業でよく痛めるのは右なので

なぜ? 左側という疑問が起きました

本人に尋ねても心当たりはない方が多いんです

私も理由をひたすら考えていたところ

ある情報が飛び込んできて、ひらめきました!

左側を痛めている人達の共通点は何かを考えました

これかもしれないと思ったのはスマホです

右利きならばこんな感じになりますね

スマホの画面を自分のほうに向けるため

左手を内側にひねります

この時、左手に弱い力で長時間、負荷がかかり続けます

この動きが非常に悪影響を与える場合があります

最近は何をするにもスマホの確率が増えています

何とかしなければなりません!

以下のような対策を考えてみました

・持つ手を変える

・使用時間を制限する等

・スマホのスタンドを使う

・パソコンも使う(FB、LINEなど)

・最近のテレビはYoutubeも見れます 等

なんらかの変化が必要でしょう!

どこかを痛めている場合の対策の共通点は

手段を変えることです!

何かを変化させてみて下さい!

ホームページも見て下さい!

Youtubeもどうぞ!

https://www.youtube.com/channel/UCh21SNOYPIVTsy-zuVDiKAg?view_as=subscriber