職業とからだへの影響

当院にはいろいろな職業の方が

来院されます

タクシー運転手さん、教師、お茶や華道の先生

介護職の方、保母さん、事務員さん

工場で勤務されている方などさまざまです。

それぞれに特徴があります

タクシー運転手の方は右足が硬くなります

教師の方は右肩を痛めます

お茶や華道の先生は膝を痛めます

介護職や保母さんは腰と肩

事務員や工場勤務で座るのが多い方は

腰と肩、腕を痛めます

すべての職業の方に言えるのは

同じ姿勢で長時間使いすぎることが原因です

一つ例を挙げると

タクシー運転手の方は

右足の足首から先の関節が

硬く動かなくなります

そのそれぞれの関節が

ギシギシと音を立てるぐらい

関節の動きが悪くなります

タクシー運転手さんの場合は

右の足首から下の関節を

毎回、動かすことが

必須となります

みなさんが日々の仕事をしていく中で

必ず痛めてしまう部分があるはずです

せめて、その部分をいたわるだけでも

からだの調子を保てると思いますよ

自分が主にどこが悪いかを

気づくことも必要だと思います

健康 | からだ工房 ハスタ (hasta2019.com)

ホームページも見て下さい!

からだ工房 ハスタ (hasta2019.com)

インスタやってます!

https://www.instagram.com/hasta_nao/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA