野球の肘の痛み

速い球を投げられる投手ほど

肘に負担が掛かるようです

大谷翔平やダルビッシュが肘の手術したように

恐らくは佐々木朗希も危ないから

マリーンズも十分注意しているはずです

投げたらもちろん休息も必要ですが

全力で投げずに打ち取れる

投球術が必要でしょう

それを実現しているのは

楽天のマー君かもしれません

高校時代は非常に力みが目立ちましたが

楽天に行き、ヤンキースに行き

キャリアを積むほど体の力が抜け

投球術が上がってきています

マー君も途中で肘の痛みが出たことがありますが

投球術でカバーしているようです

もちろん、スピードボールを投げられるのは

天性の才能もあるようです

しかし、スピードボールだけで

勝負するのは危険です

選手寿命にもかかわりますので

特に指導者が

そして選手が

それを意識して

長い選手寿命を送って下さい

野球 | からだ工房 ハスタ (hasta2019.com)

痛み | からだ工房 ハスタ (hasta2019.com)

ホームページも見て下さい!

からだ工房 ハスタ (hasta2019.com)

インスタやってます!

https://www.instagram.com/hasta_nao/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA