お医者さんと接骨院と整体院の差は何だろう?

empty hallway
Photo by Ivan Bertolazzi on Pexels.com

お医者さん

先日、お医者さんと接骨院と整体院が

あたまの中でゴチャゴチャに

なっている方が来院されました

実際に多くの方がよくわかっていないようです

私の考えですが、お医者さんは

レントゲン、MRIなどを撮影して

骨折その他の病気がないか判断し

痛みがある場合は鎮痛薬を処方してくれます

接骨院

接骨院はケガをした場合に

ケガをした部位のリハビリをしてくれる場所と

考えています

具体的には捻挫をした時は

しばらく時間が掛かります

その時、自分では動かしづらいので

痛めた部位のリハビリの手助けをしてくれます

整体院

では私のような整体院はどうでしょう

私の考えでは慢性的な痛みに対して

別の角度からアプローチしていきます

痛みが慢性的、長期間になると

さまざまな部位に

問題が起きてきます

その部位を見つけて

直すお手伝いをするのが

私の仕事だと思っています

膝が痛いと言っても

腰、足首、肩などが関係しています

膝を触っても直りにくい時は

他の部位に原因が考えられます

まとめ

お医者さん、接骨院、整体院の違いを

良く理解して利用してみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA