腰痛とナッケムソンさんの理論

この写真のように椅子に座ってパソコン作業をするなんてことは

ごく当たり前かと思います

リモートワークでより座る機会が増えた方もいるでしょう

もちろん腰痛も増えているかと思います

腰痛について姿勢によって

どのくらい腰に負担が掛かっているかについて

研究された方がいるようです

スウェーデンのナッケムソンさんという方で

下の画像がその理論のようです

この画像では右から二番目の前かがみで座るがパソコン作業に近いのではないでしょうか

アメリカなどでは立ってパソコンを行うこともあるようです

立っているよりも座ってパソコンを行うと二倍弱の負担が

掛かることになることになります

やれることとしては長時間

なるべく同じ姿勢を取らないこと

定期的に体のメンテナンスをすることでしょう

ご注意下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA