横文字で分かりにくい/ロコモ・フレイル・サルコペニア/コロナとの関係

外出した時、気になるのが

歩きにくそうにしている方の筋力低下です

来院される方でも

非常に筋力が低下されている方もいます

最近、テレビ、雑誌でも言われているのが

ロコモ・サルコペニア・フレイルという言葉です

  • ロコモティブシンドローム(ロコモ)…運動器の障害によって移動機能が低下した状態
  • サルコペニア…加齢や生活習慣などの影響によって、筋肉が急激に減少する状態
  • フレイル…病気ではないものの健康ともいえず、介護が必要なほどでもない状態

正直に言うと何だか

分かりにくい

これが正直な感想です

確かロコモティブシンドロームが先行して

みんなが知っていた気がします

結局は老化により

筋力低下の度合いのように思えます

当院でも高齢の方が来院されますが

気づくことは年齢とともに

筋肉の衰えが目立ちます

さらにこのコロナ禍が

一年以上続いている状況です

運動も減っているはずです

寒くて外に出れなくても

その場で

  • 屈伸やスクワット運動
  • 体を回旋させる運動
  • ヨガ

など少しでも運動しましょう

これは免疫力にもかかわるでしょう

私もお店や家でも

何らかの運動を毎日続けています

動きにくい時期でもなんとか

動かそうという意識をもって

やってみましょう

コロナ | からだ工房 ハスタ (hasta2019.com)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA