投げるってことは

ボールを投げるって

簡単な動きに思えますよね!

実はかなり複雑です

まずボールを持った腕を内側にひねります

今度は肘が上がりきり

腕は外に回りながら肘が前方に出て

いききったところで

また腕は内側にひねられてボールを離して

ひねりきったらまた外側にひねられます

もう訳がわからなくなってると思いますが

言いたいのはなんとなくやってる動作も

これだけ複雑な動きをしていることです

当然、こんなことを考えて人は投げられない

無意識でこんな複雑な動きができる

人間の体っておもしろい!

そして、どこか一か所を痛めてしまうと

このスムーズな動きを 失って故障してしまう

言いたいのは

故障しないように休ませること

そしてメンテナンスしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA