四十肩・五十肩との闘い/放っておくと最後は動かなくなります!首コリ、肩コリ、背中コリ/ギックリ腰・腰痛・ひざ痛/自律神経

四十肩・五十肩を放っておいて

動かさないで年齢を重ねてしまった方が

来院されています

すでにシビレて手術とまで

言われているようです

正直、なかなか手ごわいです

肩にはかなりの炎症が

起きているはずですから

基本的には遠隔からの治療と

少しずつ動かしていくことの繰り返しです

すべての方に共通ですが

痛いのに放っておかないでください

痛みはあなたの体の異常を教えてくれています!

その時【何とかなるさ!】と放っておくと

長い年月を経て

さらに動かなくなり

ホントに動けなくなってしまいます

歳を重ねるほど

人間の欲求は【健康】が

一番になります

人は生きている限り

メンテナンスが必要です!

高齢になっても健康で

旅行や趣味を楽しみたいなら

体のメンテナンスを

怠らないでください!

ホームページも見て下さい!

からだ工房 ハスタ (hasta2019.com)

インスタやってます!

https://www.instagram.com/hasta_nao/

体が固まる前に体のメンテナンスをしましょう!/首コリ、肩コリ、背中コリ/ギックリ腰・腰痛・ひざ痛/自律神経

年齢を重ねるたびに

体は曲がりがちになり

放っておくとそのまま固まってしまいます

【背中が曲がってしまったのを直せますか?】

と高齢の方によく聞かれます

高齢になり、体が固まってしまうと

元には戻せないのが正直なところです

もちろん、少しは改善させたり

痛みが和らぐようにすることはできますが…

言いたいのは体が曲がって固まってしまう前に

体のメンテナンスをして欲しいということです

体が曲がって固まる前に関節、筋肉が

動くように調整しておけば元に戻せます

膝の痛みなども

浮腫んで腫れているような状態になる前に

違和感を感じた時に来ていただければ

大事にはならないと思います

若い方でも体が固まる

傾向が見られます

ひどくならない為に

そして予防のために

体のメンテナンスを行って下さい!

ひざ痛 | からだ工房 ハスタ (hasta2019.com)

健康 | からだ工房 ハスタ (hasta2019.com)

横文字で分かりにくい/ロコモ・フレイル・サルコペニア/コロナとの関係

外出した時、気になるのが

歩きにくそうにしている方の筋力低下です

来院される方でも

非常に筋力が低下されている方もいます

最近、テレビ、雑誌でも言われているのが

ロコモ・サルコペニア・フレイルという言葉です

  • ロコモティブシンドローム(ロコモ)…運動器の障害によって移動機能が低下した状態
  • サルコペニア…加齢や生活習慣などの影響によって、筋肉が急激に減少する状態
  • フレイル…病気ではないものの健康ともいえず、介護が必要なほどでもない状態

正直に言うと何だか

分かりにくい

これが正直な感想です

確かロコモティブシンドロームが先行して

みんなが知っていた気がします

結局は老化により

筋力低下の度合いのように思えます

当院でも高齢の方が来院されますが

気づくことは年齢とともに

筋肉の衰えが目立ちます

さらにこのコロナ禍が

一年以上続いている状況です

運動も減っているはずです

寒くて外に出れなくても

その場で

  • 屈伸やスクワット運動
  • 体を回旋させる運動
  • ヨガ

など少しでも運動しましょう

これは免疫力にもかかわるでしょう

私もお店や家でも

何らかの運動を毎日続けています

動きにくい時期でもなんとか

動かそうという意識をもって

やってみましょう

コロナ | からだ工房 ハスタ (hasta2019.com)